ACSEL2017 BEST POSTER AWARD(ベストポスタ-賞の受賞)機構:宮崎教授

平成29年7月26~28日、シンガポ-ル国立大学にて開催された
国際会議「The Asian Conference on Safety & Education in Laboratory (略称 ACSEL) 2017 」において、
岡山大学安全衛生推進機構副機構長・宮崎隆文教授が愛媛大学と共同発表した論文が「ベストポスタ-賞」を受賞しました。

ACSELは研究実験における安全(健康)を確保するための安全教育のスタンダ-ドを目指して、
アジア諸国の大学の関係者が集まって協議する国際会議です。

これまでに、東京大学(ACSEL2014)、ジャカルタ大学(ACSEL2015)、ソウル大学(ACSEL2016)が主催しており、
今年は、シンガポ-ル国立大学(ACSEL2017)にて開催されました。
今回の会議では、日本,韓国,台湾,シンガポール,インドネシア、香港、ニュージ ーランド、ブルネイ、フィリピン、中国、マレ-シアのアジア各国の他、英国、オ-ストラリアから300名以上の参加者がありました。

今回、岡山大学と愛媛大学の共同で、「A study on variations in safety standards or regulations among countries」
と題したポスタ-発表を行い、審査の結果、ベストポスタ-賞に選ばれました。