研究教育活動を活発化させる岡山大学

岡山大学は「世界で卓越した教育研究を推進する大学」として研究教育活動を活発化させると共に、全ての大学構成員の安全と健康を守るための取組みも推進しなければなりません。

A・I(アクシデント・インシデント)調査票

皆さんが経験したアクシデント(Accident)とインシデント(Incident)事例は、今後、起きるかもしれない事件事故を未然防止する貴重な情報源となります。A・I報告された後、原因究明と事件事故対策のフィ-ドバックにより再発防止のために有効活用されます。A・I事例の収集にご協力下さい。

A・Iの提出方法

学生/大学院生は”学生番号ID”、教職員は”教職員ID”を記入した後、A:アクシデント(事故:人的、経済的、環境的な被害)やI:インシデント(ヒヤリ・ハット:未然の事故)に関する項目をチェック形式で回答して下さい。回答時間は1分以内ですので、A・I事例は直ちに投稿して下さい。

  

  

  

学生ID/教職員ID必須*
連絡先(問い合わせ先〔メ-ルアドレス〕をご記入下さい。)
発生日時(2017年1月6日16時25分ならば、 ”2017/0106/1625”と記入して下さい)必須*
報告者
人的被害
経済的被害
環境被害
A/I報告(場所・状況)
A/I報告(内容I)
A/I報告(内容Ⅱ)
A/I報告(内容Ⅲ)
事後連絡
治療行為
消火器・消火設備
その他(特に、明記すべきことがあればご記入下さい。)

                      回答した後、最後に「送信」ボタンを押して下さい。